ママとむすこの保育園入園前準備のおけいこ

児童館幼児クラブ

  スポンサードリンク


児童館での幼児クラブ

私の住んでいる神戸市兵庫区には、児童館が3・4箇所あります。
乳児から小学生まで、幅広く利用できる施設で、一歳児~就園前の幼児の各年齢別に児童クラブがあります。
3月末~4月に募集期間があり、5月から開講し、3月までの約1年の活動です。

うちの子が入っている3、4歳児のクラブは費用は年間3000円、課外活動の場合は別途料金がかかることもありますが、市が行っていることもあってリーズナブルです。

大まかにどんな事をするのかと言うと、3、4歳までが親子で参加し、手遊びや絵本読み聞かせ、体操や工作や季節や行事を取り入れた遊び等を中心としたクラブです。
毎週1回あり、10時半~11時半までの1時間で、夏休みや冬休みも学校と同じようにあります。

募集を見たきっかけでは、月1回届く神戸市の広報で知りました。
始めは、近くのプレスクール等も考えましたが、同じような似た内容で月謝も大きくかかわってたのも、大きな理由の一つですが、同じ幼稚園を希望してるお友達やお母さん達と知り合えるきっかけにもなれたらいいなと思い、申し込みました。

児童館に行きだした頃は・・・

児童館のクラブが、5月から始まり週1回といっても、今まで朝は子供二人でのんびりしてたので、家を10時に出るとなると、2時間前には起きておかないと落ち着きませんでした。
朝ごはん作って食べさせて、洗濯干して片付けをして、二人の着替えとオムツ換え、私の化粧の時間(省きたくても省けない・・・)と、バタバタしながら、さあ行くぞ!と出ようとしたら、次男がウンチをしてたりして・・・
これでいざ本格的に幼稚園が始まったら、お弁当作ったりしてできるのか不安がのしかかりました。
だからこの児童館が週1回でも、私にとってはホントいい準備期間の練習になってます。

わたしは、お友達と待ち合わせて行くのですが、うちの子は大好きなお友達と行けるの楽しくて、テンションが上がると走りまわり、信号も気にしない、ハラハラの連続なんです。
次男を乗せたベビーカーを押してるので、怒りながら、子供の足で歩いて約30分かけて行ってます。
少しは進歩したのかな・・・?
まだまだ何とも言えません。


クラブが始まっても、うちの子のテンションは上がりっぱなしです。
先生の話も聞こうとしないし、走りたくて私がつかまえても放して!放して~!と叫びホント困り者です。
楽しんでるには、違いないのですがね・・・。


毎回始めにお母さん達が、楕円形に広がって座り、その周りを子供達が走ります。
走るのも、3,4歳児にとっては遊びのひとつなんでしょうね。
みんな元気に楽しそうなんですよ。
走った後は、お母さん達は四つんばいになってその下を子供達がくぐったり、ちょっと重いのですが、子供を抱えてふりまわしたり。
最近抱っこすることもめっきり減ったので、私と息子にとっては貴重なスキンシップタイムです。

幼稚園のように帳面もあるんです。
毎回最後にその日の感想を書きます。
次週に先生からの返事が書いてあって、それが週一回でも楽しみなんですよ。

児童館での楽しみ

児童館では、毎回メインの遊びや工作など楽しみづくしです。
新聞紙をビリビリに破って、雪のように散らしながらかけあったり(ママ達もストレス発散できました。)
風船遊びや七夕作り、夏には水遊びもありました。
水遊びは、うちの子は胃腸炎でお休みしてしまい、参加できなかったのですが・・・。


この前は魚つり遊びをしました。
先生が予め用意してくださって、割り箸にクリップをつけた紐をはさんで竿にして、色紙で魚を書いて作っていきました。
こんな発想なんて家でもできそうな事だけど、なかなか思いつかないですよね。
子供達には、とても好評で家でも遊んでます。
またまた、絵が苦手な私ですが、たまたま調子良かったのか子供にも喜んでもらえました。


その際、私が絵を書いてはさみで切ってもらったのですが、やはりハサミが慣れてなく、一匹切るのがやっとで、ギザギザでうまく切れないからすぐ飽きてしまい殆ど私が作りました。
こういう時にしておかない事って分かるのがいいですよね。
ハサミ練習本格的にスタートだ!

お母さん達の活躍 その1絵本読み聞かせ

児童館では、始めに年間のスケジュール表を渡されました。
やはり、幼稚園前の3,4歳児なので、お母さん達にも慣れてもらうようにという先生のアイディアも入ってて、お母さん達がしてくる課題も結構あります。

まずは絵本の読み聞かせです。
毎回、当番で絵本読みをするのです。
こういう事は初めてだし、子供の頃から社会人になって職場でも人前で発表するのが苦手で、当番の2週間前から絵本をどれにするのかから始まりました。
うちにあるのは長い文章の絵本が多く、最後まで聞いててくれるかどうかや、家では子供相手に読んでますが、やはり人に聞かれると恥ずかしいですし・・・。
色々迷って、4歳のお友達には物足りないかもしれませんでしたが、「ぞうさんのあめふりさんぽ」にしました。

保育士をしている友人にもアドバイスをもらい、短いのも読みやすさのも理由の一つでした。

当番がきた時は、緊張していつもの声ではなかったと思います。
途中で、うちの子が立ったりして、中断になったりしましたが、逆に緊張がほぐれたような気がします。
赤ら顔しながら、なんとか読み終えました。

絵本自体は、子供も覚えてしまうくらい文章が短いし、一緒に読んだりして楽しくかわいいお話ですよ。

お母さん達の活躍 その2ランチパーティー

お母さん達の活躍はまだあります。
ランチパーティーです。
今まで2回行われましたが、お弁当作りの準備期として、各自おにぎりと、おかず1品を多めに作って持参します。

おかずを皆で交換しあって食べます。
すでに2回行われましたが、全員で15人が2回ともダブることもなく、豪華なお弁当になります。
前もって相談もしてないんですよ。

普段は、主人のお弁当もいらないし、お弁当に縁がない私にとってはすごく参考になりました。
朝は、おにぎりとおかず1品作って準備するのに、2時間半前には起きないと間に合わないんです。
これが、幼稚園のお弁当作りが本格的にスタートしたら、どうなるんだろうと正直、不安もよぎってしまいますが、準備期には助かるいい企画です。
子供にとっても、たくさんのお友達と一緒に食べるいい機会ですよね。
うちの子は、家以外で食べる時はあまり食べてくれないので、これからの課題です。

お弁当もたまには作ってみてもいいなとも思いました。

お母さん達の活躍 その3バースデーカード

まだありました!
お母さん達の活躍なんですが、それはお友達のバースデーカードです!!
あらかじめ、はがきサイズの白い紙を渡されてました。
提出日までに、その月の誕生日のお友達にバースデーカードを作成するんです。

はじめは、どんな風に書いたらいいのか、考えすぎるとアイディアがなかなかでてこなくて、書き出すまでにかなり時間がかかりました。
書き出すと肩に力が入って、肩がこってしまったり・・・。
こんな感じでしたが、書いていくうちに楽しみもでてきました。

毎月1回ペースの提出なので、動物の絵や、車、お花を描いたり、アンパンマンも写し絵ですが、書きました。
普段使わないクレヨンや色鉛筆を使ってると結構楽しんで描いてます。
メッセージも字が読めるお友達もいるので、つい漢字を書きそうになりますが、ひらがなで読みやすく書くのを気をつけたり、来年幼稚園に行きだしたら、こんな機会も増えていくのかなぁとか考えながら書いてました。

全然うまくありませんが、喜んでもらえたらいいなという思いが強いです。
また、みんなのカードを先生が1冊のミニ本のようにかわいくしあげてくれるのです。
子供もこんなプレゼント初めてだと思うし、新鮮さを感じられました。
来年のうちの子の時も、楽しみです。

みんなで植えたコスモス

児童館から、6月コスモスの苗を植えに神戸市須磨区にある総合運動公園に行きました。
神戸市の幼稚園、保育園、児童館などのたくさんのお友達が苗を植えてました。
植物に触れられたいい経験でした。
家から電車での移動だったので、暑いし、ヤンチャ坊主を連れて行くのは大変でしたが、子供が遊べる遊具がたくさんあって、芝生もあって、お弁当を持ってきて食べるには、最適な場所だなぁと思いました。
満開の秋には絶対見に行こうと楽しみに待ってました。

そしてやっと満開の時期に入り、総合運動公園に行ってきました。


前日が雨で、曲がってるものもありましたが、段々畑になってるので下から見上げるときれいで秋を感じることができました。
秋空の真っ青な空と、涼しい風に当たりながら心地よかったです。
長男は、苗を植えに行った時に長いすべり台を滑ったことを覚えていたので、お父さんと滑ってごきげんでした。
芝生もあってボール遊びが十分にできます。
次男は歩き出したばかりなので、近所の公園では、道路にすぐ出れるので自由に歩かせるのが難しいのですが、総合運動公園では自由に歩き回ることができ、いつも以上にごきげんでした。

季節を感じさせる物を、子育ての中で取り入れることも大事だなぁと思い、ゆったりとしたいい時間を過ごせることができました。

このカテゴリーをはてなブックマークする このカテゴリーをクリップ! del.icio.usに追加 Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 edit

 

CmsAgentTemplate1006-1013 ver1.0